2021-08-01

転職で失敗しないための看護師の事前準備

看護師が転職で失敗しないためには、どんなところで働けるのか、どういう働き方があるのかを、まず網羅的に理解することが大切です。この事前準備をせずに病院の求人を探そう、介護施設で良さそうなところを見つけようといった形で求職活動を始めてしまうと、転職に失敗するリスクがあります。看護師が転職先として候補にできる職場の種類は、実はたくさんあります。病院やクリニック、訪問看護ステーション、各種介護施設が代表例なのは確かでしょう。しかし、他にも健康診断センターや健康相談所、保育園、学校などの多岐にわたる候補があります。さらには、企業でも看護師として働ける可能性があるので、できる限り幅広く、まずは特徴と合わせて詳しく理解することが大切です。

職場の種類によって待遇に違いが生じますが、同じ種類だったとしても雇用形態によって、どのような働き方になるかが大きく異なります。雇用形態による違いを、職場の種類ごとに比較しておきましょう。正社員が安定しているのは魅力ですが、業務に従事することへの強制力が強いので、働きづらいと感じることもあります。パートや契約社員、派遣社員なども考慮して、比較検討してみるのが大切です。一つずつ見ていってみると、理想的な働き方ができる方法が見つかります。自分なりに考えて、魅力的な職場の種類と雇用形態の候補を決めてから、求人を探して比較するようにしましょう。このような段取りで進めると、効率的に転職先を選べます。