2021-08-01

看護師が転職しやすいのは本当なのか

看護師は転職しやすいからより良い待遇を求めて、別の職場を探してみようという話を聞いたことがある人もいるでしょう。しかし、本当に看護師は転職しやすいのかどうか、疑問が浮かぶこともあるかもしれません。実際には、医療や介護の需要が高まり、それに合わせて診療報酬改定も行われてきた影響で、看護師を採用したいと考えている施設は増加しています。そのため、看護師の求人は豊富になっていて、転職しやすいのも事実です。ただ、看護師が転職をすれば待遇が上がるかどうかはまた別の問題で、あくまで採用してもらいやすい環境ができているだけだと考えた方が良いでしょう。転職すれば待遇が上がると安直に考えてしまわずに、転職先の候補が多くて有利になっていると捉えるのが適切です。

ただ、看護師として現場経験を積んできた人なら、待遇を上げられる可能性は十分にあります。基本的な採用方針としては、前職の給与と同等の水準にするという場合が多く、標準報酬月額が前職と同じになる傾向があるのは確かです。待遇が上がる場合には、端数を繰り上げてくれる程度のことがほとんどです。しかし、待遇を上げるには、評価を上げれば問題ないということは念頭に置いておきましょう。転職先の職場で必要とされている経験やスキルをアピールして、ニーズに合っていると納得してもらえれば、給与が上がることも少なくありません。給与を上げたいという気持ちがあることを伝えるのも大切なので、必要に応じて交渉もしましょう。